●最初の日のこと

Img_e0b54e091e762ea9a6eda65e8cc8ede7
初めての病院に行くのは、緊張するものです。
わたしもそうです。
なので、最初の日はどんな感じなのか、
どのように治療が始まるかをご説明したいと思います。

雨宮歯科医院では、最初の日は主にご相談と検査、診断を行います。
お痛みがある場合や緊急処置が必要な場合はもちろんそちらを優先します。
リラックスしていらっしゃってください。

初診の日のおおまかなご説明をします。

初診はご予約制になっています。
お電話(078−452−5511)でお問い合わせ下さい。
保険証をお忘れなくお願いします。
はずれた詰め物や被せ物があれば、お持ちください。

問診票を書いていただいたり、保険証の登録がありますので
お約束より10分ほど前に来ていただくと治療がスムーズです。
お時間は通常1時間いただいています。
(お急ぎの方はお伝えください。)

お困りの内容によりますが、
問診
検査(視診・レントゲン・歯周ポケット診査、噛み合わせ)
を行い、現在のお口の中の状況をご一緒に把握していきます。

・今の現状の説明
・問題のある部位についての治療方針
・これから起こりそうな問題

について、画像やイラストを用いてご説明します。

初回はこうした治療への準備にお時間をいただきます。
Img_83547c94e84a142f9344d94eb3b7c175
特に歯科医院がお久しぶりの方には、お口全体のしっかりとした検査をおすすめしています。

ご自分のお口の中のことをご存じない方が多くいらっしゃいます。
詰め物、被せ物はどのくらいあるのか。
親知らずはあるのかどうか。
神経を抜いた歯は何本あるのか。

また、口の中は気づかないうちに変化していきます。
むし歯だけなく、歯を支えている骨や歯茎の状態は
見た目には変わらなくても、年齢とともに必ず変化します。

口の中の問題は、
「痛い」「おかしい」「外れた」「ぐらぐらする」など
自覚症状が出てからでは、かなり進行した状態に進んでしまっていることがほとんどです。

ご自分では気づかないような小さな変化のうちに、
メンテナンスと治療をすることで
良い状態を長く、そしてあまり治療しないで保つことができます。

歯医者さんは痛くて怖いところ、と思われる方も多いと思います。
でも、自分の口の中のことを知らないでいることはもっと怖いと思いますし、
しっかり治療すれば、「痛いところ」ではなくなり、「怖いところ」でも
なくなります。

口の中の問題に関しては、「早期発見・早期治療」はとても有効です。
今起きている問題には必ず「原因」があるはずです。
歯ブラシが下手で、だらしなくて恥ずかしい、とおっしゃる方がいます。
わたしはそうは思いません。
その方に必要な磨き方、気をつけないといけないところ、食生活のこと、習慣のことをしっかりとお伝えできてなくて、「知らない」から起きていることだと思うからです。

一緒に原因を探して、一緒に改善しましょう。

大きな問題が起きている場合には、それぞれの段階で信頼できる専門の病院を
ご紹介しています。

全身に問題のある方は、治療に必要な情報をかかりつけの先生と共有しながら安全な治療を行います。

口の中のことは全身とつながっています。
ご心配なことは相談してください。

長く健やかに、楽しく美味しく笑って過ごしていくためのスタートはいつでも始められると思っています。

院長 雨宮三起子
Img_b2fd6827ea8fd9905225cf66899858dc
●費用の目安
 健康保険適応の費用の目安(3割負担の方)

初診料
 3000~3500円+パノラマ写真1200円

保険適応の詰め物(1箇所)
 1000円から2000円程度(種類によります)

健康保険の被せ物
 3000円から5000円(種類によります)

マウスピース
 3500円から5000円(症例によります)

歯石除去
 1500円から2000円×2〜4回(症状によります)